フットサルを通じて、東北関東大震災の被災地の子供達に笑顔を取り戻すプロジェクト プロジェクト趣旨 義援金の使い道 活動報告・活動実績 皆様からの応援メッセージ プロジェクトメンバー

フットサル選手からの応援メッセージ

選手リーダー 藤井健太

選手リーダー 藤井健太

このたび「東北地方太平洋地震」により被害を受けられた方々、心よりお見舞い申し上げます。私自身、Fリーグでの『ステラミーゴいわて花巻』戦をはじめ、東北各地域にフットサルクリニックを行うこともあり、関わりがまったく無いとはいえません。震災に遭われた方々が想像を絶する厳しい状況下での日々の生活、また家族を失われた方々に、どんな声をかけたらよいのかも見つかりません。心配をすることや祈ることだけではなく、何か力になれないかと考え、我々の仲間である選手に声をかけました。自分が行動を起こす事で、選手が立ち上がる事で、少しでも被災者の方々の「勇気」に、「力」になればと。今こそ、日本のフットサルに関わる者がまとまり、日本のために共に立ち上がれればと思います。「みんなの力を一つに!」


小曽戸允哉

バサジィ大分 小曽戸允哉選手

この度の大震災で多くの尊い命が失われたことが残念でなりません。心よりお悔やみ申し上げます。また被災地の避難所で不自由な生活に耐えておられる方々や必死に人命救助や復興をされている方々には、本当に頭が上がらず頑張って下さいという言葉しか出てきません。自分はたくさんのみなさんに支えられてフットサルをプレーすることができています。試合での熱い声援はもちろん、学校や施設等の訪問先で出会う子供たちの笑顔に本当に励まされています。今は震災で日本中が心配や不安でいっぱいになっています。子供たちの笑顔も消えているのではないかと心配しています。僕自身、被災地の方々の為に役立つ方法を考え、募金やチームでのチャリティ活動などを行いました。他に僕ができるのはフットサルを楽しく観戦していただき笑顔や元気や夢を取り戻してもらうことだと思います。その為にもこれまで以上にいいパフォーマンスができるように頑張ります。今は苦しい時ですが近い未来にみんなで笑えるように一緒にがんばりましょう。


小宮山友祐

バルドラール浦安 小宮山友祐選手

この度、東日本大地震の被害にあわれたl被災者の皆様に心からお見舞い申し上げます。震災前の生活に戻るのにはまだまだ時間が掛かると思いますし、元通りの生活に完全に戻ることは本当に難しいのかもしれません。

でも、皆様は決して一人ではありません。一フットサルプレイヤーとして何か皆様の為にできることがあればと思い、今回このチャリティーに大変微力ながら協力させて頂きました。一日でも早く皆様の生活が安心して安定できるものになることを願っています。


星翔太

府中アスレティックFC 上澤貴憲選手

この度の大地震により、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。テレビから伝わってくる映像を見る度、その被害の大きさに愕然としております。

今、被災された方々は、皆で協力し、この窮地を乗り越えようと必死に頑張っています。その後押しを少しでもできるよう、自分も何かできればと思います。一人ひとりは小さな力でも、皆の力を合わせれば、大きな力になるはずです。

一日も早く現地の方々に、安心と安全が戻るよう、皆様のご協力をよろしくお願い致します。


府中アスレティックFC 清水 誠

府中アスレティックFC 清水 誠選手

『地震により被害に遭われた皆様に心よりお悔やみ、お見舞い申し上げます。連日の報道を見て、被災地の方々に自分自身何ができるかを自問自答していた時に、プロジェクトのお話を頂きました。一人では届けることが難しい思いや祈りをみんなで心を一つにし形として被災地へ届けようというのがプロジェクトの目的の一つだと思います。そして被災地の方々の中に一つでも多くの笑顔が生まれることを心から祈っています。皆さん今こそ、思いを行動にする時です。共に立ち上がりましょう!』


バルドラール浦安 平塚 雅史

バルドラール浦安 平塚 雅史選手

東北地方太平洋沖地震にて、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。試合やイベントなどで東北を訪れたことがありますが、その時にお会いした方々が被害に遭われていると思うと、心が痛いです。私は、スポーツに携わる人間として、スポーツが持つ力、フットサルが持つ力を信じています。このプロジェクトによって、一人でも多くの方の笑顔が戻ることを、心から願っています。復興に向け、共に頑張りましょう。


府中アスレティックFC 清水 誠

デウソン神戸 原田 浩平選手

このたびの地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧のため、僕たちも、少しでも力になれればと思い、このプロジェクトに参加させてもらいました。皆様の笑顔が輝く日をめざして。


ペスカドーラ町田 滝田学

ペスカドーラ町田 滝田学選手

この度の地震、津波によってお亡くなりになられた全ての方々に、心より悔やみ申し上げます。できるだけ早い被災地での安心した生活の確保、復興をお祈りしています。日本人皆が手を取り、痛みを分かち合って、現状を乗り越えましょう。


府中アスレティックFC 清水 誠

湘南ベルマーレ 冨金原 徹選手

このたびの東北地方大平洋沖地震で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。私は、フットサルを通じてチームワークの大切さ、そしてそこから生まれる凄まじい力というものを経験してきました。この難局に立ち向かうのに、一人一人が力を出しあって、協力し、今こそ私たちのチームワークを発揮しましょう。


青柳 佳祐

バサジィ大分 青柳 佳祐選手

被災地の方々に深くお見舞い申し上げます。連日報道で伝えられる震災の被害。僕自身、地震が起きた当日は東京にいて実際に避難所で一晩を過ごしました。この状況下におかれる被災者の皆さんの「力になりたい」と強く感じてる時に、このPROJECTの話しをしてもらい強く感銘を受けました。何か力になりたい。そして、この被災地を復興させるためのキーマンとなる現地の子供たちに笑顔になってもらいたい。小さな力も集まれば巨大なエネルギーとなるはずなので、皆さんと一緒に力を合わせまていきましょう。


FUNフットサルクラブLadies 中島詩織

フットサル女子日本代表 中島詩織選手

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

これ以上被害が広がらないように、そして一人でも多くの方が無事であることを祈るばかりです。このプロジェクトでたくさんの子供たちや一人でも多くの方に笑顔になっていただければと心から願います。そのために、出来る限りのお手伝いをさせていただきたいです。

一人一人の力を合わせて、大きな力へ、そして大きな希望へ。


バルドラール浦安 稲葉洸太郎選手

この度の地震で、被害にあわれた皆様、またその関係者の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

テレビなどで拝見する、被災者の方々の前向きな姿には感動しています。しかしながら、まだまだ行方不明の方も沢山いたり、まだまだ不安な日々が続いていると思いますが、希望を捨てずに、頑張って下さい。

自分も日本人として、出来ることを少しずつですがやらせて頂いております。 その中で、フットサル界として出来ることをしたいと思いこの呼びかけに賛同させてもらいました。 選手、スタッフ、ファンの皆様などフットサルに関わる皆さんで力をあわせていきましょう!!被災地の皆さんが笑顔で過ごせる日のために、皆様ご協力よろしくお願いいたします。


湘南ベルマーレフットサルクラブ 久光重貴選手

被災地の方々に深くお見舞い申し上げます。

連日報道で伝えられる震災の被害で日々辛い現実を目の当たりしています。自分自身東北地方に多くの親戚がいるなかで復興に向けて助け合う方々が本当に心強く感じ自分も出来る限りの協力をしたいと思いました。

フットサルでつながる仲間と共に一人でも多くの方々に支援出来ればと思います。


バルドラール浦安 中島孝選手

この度、東北地方太平洋沖地震により被災された皆様にこころよりお見舞い申し上げます。

今自分が出来ること、と言うことで微力ながらこのプロジェクトに協力させていただくことになりました。一人では小さなことしか出来ませんが、日本の力、フットサルの輪の力を信じ、協力することで希望や勇気を与えていければと思います。またスポーツ選手は負けず嫌いで、諦めが悪いです。最後の最後までそういった姿勢で立ち向かいたいと思います。

今こそ力を合わせて再出発するときです。みなさま、ご協力よろしくお願いします。


湘南ベルマーレ 渡辺良太選手

このたび、東北地方太平洋地震により被害を受けられた方々、心よりお見舞い申し上げます。

震災に遭われた方々が想像を絶する厳しい状況下での日々の生活、また家族を失われた方々、皆様の気持ちを100%理解することはできないかもしれません。

自分のできることは本当に小さいことだと思います。しかし、小さな力もたくさん集まれば大きな力になると思います。今こそ、「みんなの力を一つに!!」


デウソン神戸 岡崎チアゴ選手

今回の震災で多くの方の命やまだ行方不明の方、被災をされた方に、心よりお見舞い申し上げます。
僕も3年前は、花巻で仕事をさせてもらいながらフットサルをしていましたが、とてもよく理解してもらい沢山の人に支えてもらいながら大好きなフットサルが出来ました。

次は僕がみなさんの力になる番です。一緒に力を合わせて、また笑えるように頑張りましょう。


名古屋オーシャンズ 渡邉知晃選手

「この度、東日本太平洋沖大地震で亡くなられた皆様に心よりご冥福をお祈りいたします。また、被災された皆様、ご関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

この震災は僕にとって決して人事ではありません。僕自身、被災した福島県出身であり、2年間プレーしたステラミーゴの本拠地である岩手県も被災しました。僕はこの震災によって、宮城県に住むひいおばあちゃんを亡くしました。僕の親族のほとんどが東北地方にいます。そんな東北地方を中心にこのような大震災が起きてしまったことに、心を痛めています。

ただ、いつまでも立ち止まってはいられないと思っています。小さなことでも、できることからやって行こうと今は強く思っています。その1つとして、このプロジェクトに賛同させて頂きました。 皆さんのご協力をよろしくお願い致します。

この取り組みによって、1日でも早く被災地に普段通りの生活が、笑顔が戻ることを祈っています。日本の皆さん、共に頑張りましょう!必ず乗り越えられると信じています!


バサジィ大分 藤川 朋樹選手

地震や津波で被災された方へ

ご家族や知人が亡くなられた方の気持ちを考えると言葉になりませんが、いつかきっと以前のような温かい気持ちになれる日が来るはずです。それまでたくさんの「日本」というチームのチームメイトが元気を与え続けます。

言葉や願うのは簡単ですが、自分はできることを『行動』にうつして復興を手伝っていきたいです。


中村義昭(DJ JUMBO) サッカー/フットサル・実況アナウンサー

フリーアナウンサーでFリーグ・アリーナMCの中村義昭(DJ JUMBO)です。東日本大震災で犠牲になった方の御冥福をお祈りするとともに、被災され今も避難生活を送る皆様にお見舞い申し上げます。

アジアの人達が。ヨーロッパの人達が。世界中の人々が「日本は我々と共にある」とエールを送ってくれています。 日本に関心を持ってくれています。ありがたい。

サッカー日本代表の内田篤人選手は「日本はひとつのチームです」とエールを送っています。僕はこうメッセージを送りたい 「フットサルに携わる人はひとつのチームです」と。今が我々日本人の踏ん張り時。日本の底力を見せるときです。震災前より「良い日本」となって復興しようじゃありませんか! 今こそ日本がひとつになって乗り越えていきましょう!

東北の子供たちに・・・心からの笑顔をパスしましょう! 


VEEX木村 稲田祐介選手

この度の、東日本大震災で被害にあわれた被災地の皆様に心からお見舞い申し上げます。

このプロジェクトで被災地の皆様に少しでも勇気や希望をもってもらい、そしてたくさんの笑顔が生まれるよう心から祈っています。

今こそ、一緒に力を合わせて共に頑張りましょう!!


元フットサル日本代表 原田健司氏

この度の地震で、被害にあわれた皆様、またその関係者の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

今なお被災地では不安な日々を送り続けている被災者の方々の事を思うと心が痛いです。。。自分自身にもっと何か出来ることがあるのではないか?と思いこのプロジェクトをに賛同させていただきました。

一日も早く子供たちの笑顔を!そして大人の元気を取り戻すために自分自身微力ながら協力させていただきます。今からが皆でまとまり助け合い日本を元気にしていく時です!


バルドラール浦安 荒巻太郎選手

3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震。被災された方々には心からお見舞い申し上げると共に、日本全体での1日でも早い復興を願っています。

その思いを1人のフットサル選手として行動に移したい!そんな矢先にこのFutsal Happy Smile Projectのお話をいただきました。フットサルにかかわる皆さんと共にこのプロジェクトを通して、今出来ることに全力で取り組みたいと思います。

ご協力宜しくお願いいたします。


カフリンガ東久留米 垣本右近選手

東日本大震災で被災した皆様に心からお見舞い申し上げますとともに1日も早い復旧をお祈り申し上げます。今も尚、余震や原発で不安な日々を過ごされている事を思うと心が痛み、想像を超える被害の状況をテレビで見る度に深いショックを受けております。

私の後輩が岩手県大槌町の大槌高校で教員をやっていました。ご存知の通り大槌町は津波の影響で壊滅的な状態でしたが、学校が高台にあり後輩は最悪の事態は免れました。しかし家も車も失ってしまいました。震災後少しばかりですが、フットサル仲間に声をかけ大槌高校に物資を送り続けています。「僕たちにできること」 今すぐに現地に行く事はできません。100億円も募金する事もできません。ただ僕らには与えられた役割分担があると思う。スポーツやってる人はピッチの上で。音楽をやっている人は音を奏でることで。仕事をしている人はお金を生み出す事で。子ども達はいっぱいの笑顔を振りまく事で。 色々ながんばりが形を変えて東北に届くと信じています!

今こそ日本人みんなで力を合わせ、手を取り合い乗り越えていきましょう!!


真境名オスカー

TOHOKU, Nunca desistir. VAMOS SUPERAR. FORCA!

東北地方の皆さん、決して諦めないでください!乗り越えて行こう!頑張って!

For the people in Tohoku, never give up. You can over come! Hang on!

辛いけど諦めないで頑張ってください!


名古屋オーシャンズ 川原永光選手

東日本大震災で被災された多くの皆様へお見舞い申し上げます。
3月11日の地震は、関東にいた僕自身あれだけの大きな揺れを初めて感じました。実際の震源地にいらっしゃった方は、もっと大きな揺れを感じ怖い思いをされ、そして多くの尊い命がこの震災で奪われたことを思うと心が痛みます。

一日も早い復興を願い、僕自身に何が出来るかを考えています。大きな事は出来ないかもしれませんが、このプロジェクトと共にフットサルを通じて自分で出来る事を少しずつ長い期間、復興へのお手伝いが出来たらと思っています。一緒に前に進みましょう。


元フットサル日本代表監督 セルジオ・サッポ

Estou muito triste com o que aconteceu no Japao, quero deixar meus sentimentos para as vitimas dessa tragedia e mesmo de longe estarei fazendo oracoes para que tudo fique resolvido da melhor forma possivel e dizer tambem que EU AMO O JAPAO!

この度、大地震及び津波により被害に遭われた全ての皆様に心よりお悔やみ、お見舞い申し上げます。私は今回の大震災を知り、心から悲傷しており、全てが一日も早く復旧することを遠くブラジルからお祈りしております。日本は私が愛する国ですから…。


Aventura 川口(女子フットサル日本代表) 藤田安澄選手

東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

本当に大変な出来事で、今まで通りなんて言葉が通用するのかと思わされますが、被災された皆様が一日でも早く今まで通りの生活を取り戻せる事を心より願っております。フットサルを通してたくさんの方に一時でも笑顔を与えられるような活動をしていきたいと思っています。

微力でも継続的に活動することの大切さを忘れずに… そしてこのプロジェクトを通じ、その微力の集まりが大きな力になり復興の力になる事を願っております。


Aventura 川口(女子フットサル日本代表) 本多さかえ選手

この度の大震災で被災された方々へ、心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

先日宮城県に行きましたが、地震と津波の被害の大きさに言葉を失いました。2ヶ月経過した今も、まだ不安な日々を過ごされている方が多くいらっしゃると思います。復興まで険しい道のりになると思いますが、一人でも多くの方が笑顔になるように、微力ながら私もこのプロジェクトに賛同させて頂きました。

フットサルに携わる皆様の力で、東北地方の方が笑顔になれるように、ご協力をお願い致します。


ラクエドット(イタリア)吉田輝選手

この度、東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

イタリアと遠い所から、このニュースを聞いた時に、家族、友人、そして日本国民皆様の事が何よりも先に心配になりました。遠く離れている事で何も出来ない自分が悔しくてたまりませんでしたが、現地で活躍するサッカー選手やバレーボール選手などと一緒に、少しでも被災地の皆様に勇気と義援金を…と思い、先月より色々な活動をしております。

みんなで力を合わせれば一人で出来ない事も絶対に出来るはずです!

Forza Giappone!頑張れ日本!!


イタリアセリエA モンテシルバーノの選手一同からのビデオメッセージ



ツイッターをご利用の皆様は、被災地の方への応援ツイートをする際に、#fhsp を付け加えてツイートしてください。皆様の応援メッセージがこちらのページに表示されます。

義援金の受付
義援金の受付